1940’s?? ビンテージウルバリンの修理

靴の修理専門店の当店には日頃から、5年10年なんて当たり前、20年30年履いてきたぜ!!って靴やブーツが修理にやってくるわけですが

その中でも、今修理しているアメリカのウリバリン社のブーツはなかなかの物です。おそらく40年代のもの?50年台かも?

何れにしても半世紀以上経過してますね。れっきとしたリアルビンテージ!!

ビンテージ加工モノには出させないこのヤレ感。めちゃくちゃ雰囲気良いです。でもやっぱり革自体の耐久性は落ちているので、修理する際に慎重に扱わないとです。

表から見るぶんには、まあまあ綺麗な状態を保っていたブーツも、解体してブーツの内部を見ると、やはりところどころに部品が劣化がしてました。

ウェルトって部品もボロボロだし、ウェルトとアッパーを接合しているリブテープもだめ、中底も限界かな?

このブーツほど古くなくても、10年20年履いたブーツは、中を開けると結構劣化が進んできてます。あちこちにガタがきている状態なので、時には部品の全交換した方が良いかもですよ?って時があります。

このブーツのオーナーさんは、この先も長く履けるように修理してほしいとのことだったので、ブーツのこの状態を診てもらって部品交換の了解をもらいました。

このウェルティングという下準備的な作業が終わったら、新しいソールをつける作業に入ります。

今しばらくお待ちくださいませー

杉浦

豊橋市東脇の店舗は6/25まで営業。
6/26から6/30日までは引越し準備期間のため休業
7/1から豊橋市札木町に引越ししてリニューアルオープンします

RADIAN

441-8083 愛知県豊橋市東脇3-1-3
TEL 0532-87-4132
MAIL info@radian-mail.com