Redwing 2268エンジニアブーツ

ハーレー野郎やバイカーにはおなじみのレッドウィング PT83 2268 エンジニアブーツのソール交換を行いました。

見るからに履きこまれたこのRedwingのブーツ。PT83ということは・・・かるーーーーく20年以上前に発売されたモデルということになりマスね!

修理したのは自分が言うのもなんですが、大事に保管されていたわけでもなく、20年もの間実際に履きこまれたブーツが、こうやって修理してまだまだ履けるってのが凄いっすよね

 

PT83レッドウィングエンジニアブーツ

 

今回はVibram430ソール・5mm厚のレザーミッドソールという仕様。

アッパーの革はだいぶ乾燥気味で硬くなってるし、ところどころ傷だらけだけどソールも新しくなったし、大事に履いてけばまだまだ10年以上は余裕で履けちゃいますねー

自分のエンジニアブーツもこんな感じにしたいという方は、予算の目安が¥16,000円くらいですかね

靴の修理の場合、ベースとなる靴のダメージや状態により全員同じ修理費用という事はなく、人によっては修理費用が膨らむ可能性があるのはご了承くださいね。

 

作業風景や修理事例などをブログの他にも インスタグラム で掲載しています。 良かったらいいね&フォローお願いいたします!

杉浦

靴修理RADIAN

440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1

TEL : 0532-52-2868

MAIL : info@radian-mail.com