MADE OF HERITAGE Red Wing 875

 

The Red Wing of レッドウィング アイリッシュセッター 875

もともとワークウェアのデニムのように、ワークブーツはもうガンガンに履きこまれてこそ! その中に光る美しさがありますよね

 

だから、今回お預かりしたレッドウィング875も、履きこまれていていい雰囲気!! とも言えるけど・・・

 

ブーツがだいぶお疲れ気味な感じは写真からも滲み出てますねえ

 

 

ブーツのシャフトが両足とも、グニャッと変な方向へ曲がってしまってますもんね

 

 

 

履き癖もあるんだろうけど・・・

原因はおそらく片減りしたまま長い事履いていたからでしょうね。

 

片減りしたまま履いてるとこんな風になっちゃいますよーって良い例ですね。

 

 

あんまりにこのまま放置すると、修正修理のために例えばかかと芯(カウンター芯)の交換なんてなったら、修理費用がとんでもなく高いものになってしまいますよ。

 

レッドウィングはメーカー修理をRed Wing正規販売店で受け付けていますが、そこまでの修理は受け付けてくれるのかな??

アメリカ本国ならやってくれるのかな??

 

 

ちなみに正規メーカー修理でも、通常の靴底ソール交換程度のリペアなら、Made in USAのレッドウィングでも日本国内の提携工場・修理店で修理しているって知ってました?

アメリカ本国に送って修理してくれる時あるのかな?

 

 

お客様からお預かりするレッドウィングを修理するとき

使われている釘の種類とかヒールの固定方法

メーカー修理とはいえ、国内修理の場合 Made in USAのオリジナルと微妙に違うから

ああ、このレッドウィングのブーツ、以前国内のメーカー修理で修理しているなって判別できるんですけど

 

笑っちゃうのが、やっぱり律儀な日本人。

毎回ではないけど、たまにヒールとかソールを剥がすと、清水!とか杉浦!とか、おそらく作業した人の名前が書いてある場合があるんですよねー

 

 

とにかく異変を感じたら、早めのメンテナンス・修理が長い目で見たら吉ですね。大事にケアさえすれば、レッドウィングは本当に一生モノのブーツと育ってくれるので

 

 

 

今回のお預かりしたレッドウィング875のリペア作業ムービーです。

いつもの1分よりちょっと長めの2分30秒ですが、見てもらえると嬉しいなあ

 

 

 

では生まれ変わったレッドウィング875、写真でもご覧ください

 

 

 

かかとの嫌な傾きが、靴底ソールが新しくなってソールの片減りが解消した事と、かかとのカウンター芯の修正を行ったので、すっかり直立不動の姿勢になおりましたねー

仕上げに靴磨きもして、ピカピカの状態にしてお渡しです

 

今回の修理費用 ¥12,000 + TAX

 

杉浦

 

 

当店ではレッドウィングの色々なブーツの修理が可能です

RED WING 875のバリエーション

2017.11.05

エンジニアブーツのソールバリエーション

2018.01.05

レッドウィング ベックマンのソールバリエーション

2017.12.21

 

 

 


遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も宅配で承ります


作業風景や修理事例などをブログの他にも インスタグラム で掲載しています。 良かったらいいね&フォローお願いいたします!


愛知県・静岡県でジョンロブ・エドワードグリーン・チャーチなどの英国紳士靴のソール交換・修理なら

靴修理RADIANラジアン

440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1

TEL : 0532-52-2868

MAIL : info@radian-mail.com