コードバンのケア・靴磨き

 

馬のお尻の皮の表面を研磨し、通常の革とは違い裏側を露出させた部分がコードバン

牛革にはない独特の艶と質感、大胆な履きじわも魅力の1つですよね

 

 

このコードバンを使った靴のお手入れ

 

 

どうやってやったらいいんだろう??

 

 

普通の革靴は自分でも靴磨きするけど・・・

コードバンは失敗しそうだからお店に任している

 

 

というようなお客様の声をちょくちょく耳にします

 

 

コードバンの靴はどのメーカーでも高級品ですからね。大事に扱いたい気持ちはよくわかります。

 

 

でも実は・・・

 

コードバンのケア・靴磨きも通常の革の靴磨きと手順は大して変わらないのです。

 

確かに、コードバンならではの気をつけなければならない約束事はいくつかあると思います。

でもそれも難しいことではないんですよ

 

汚れ落としに使うクリーナーは、たっぷり使うんではなくいつもより軽くササッと、拭き取るだけにしてください とかそんな程度のこと

 

 

理由は

コードバンの表面が毛羽立ってしまうから

ボサボサした表面を機械で強制的に寝かし込んで表面加工してあるコードバンは、もともとツルツルと平らな表面ではありません

 

なので

 

ケアしないで長い期間履き込んでいたり

濡れてしまった時など徐々徐々に表面が毛羽立ってきます

 

なんだか新品の頃の表面のツヤがなくなってきたなあ・・・と感じる時がありませんか?

白っぽくなってきたりとか

 

おそらくその状態は、コードバンの表面が毛羽立っています

 

 

毛羽立っていると言っても、本当に毛が立っているというより

ボコボコしたような感じの状態

 

 

ダイジェスト版ですが

コードバンの靴磨きの様子を撮影したムービーがありますんで、良かったらご覧ください

 

ちなみに、今回磨いたオールデンのコードバンシューズは甲あたりが毛羽立って、質感はカサカサ、ツヤがなくなっている状態です

 

 

 

通常の靴磨きと一緒だって言ったのに!

特別なことは何もしないっていったのに

何か白っぽい棒で、コシコシやってましたね・・・

 

あれは水牛の角です。

 

毛羽立ってボコボコした表面を、水牛の角で作られたアビィホーンスティックでコシコシと押しつぶして、再び平らなツルツルとした表面を形成している作業です。

 

あとは本当に通常の靴磨きの手順と同じですね。

 

人によっては磨きのブラッシングの時に豚毛のブラシを使う人もいるし、馬毛のブラシをつか人もいますが、手順は一緒ですね

 

ぜひコードバンの靴のケア・靴磨き試してみてくださいね

 

もちろん店頭にお持ちいただければ靴磨きさせていただきます!

 

杉浦

 


遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も宅配で承ります


作業風景や修理事例などをブログの他にも インスタグラム で掲載しています。 良かったらいいね&フォローお願いいたします!


愛知県・静岡県でAldenオールデンのソール交換・靴修理・靴磨きなら

靴修理RADIANラジアン

440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1

TEL : 0532-52-2868

MAIL : info@radian-mail.com