Tricker’s カントリーブーツスチールトゥ

 

新品の状態のTricker’s トリッカーズのカントリーブーツ

つま先の補強 トゥスチールの加工のためお預かりしました。

 

 

当たり前ですが、まだ新品の靴の独特な匂いがします。

新品の靴っていいですよね

 

 

 

新品のTricker’sトリッカーズの靴はとにかく硬いと言いますよね

 

 

カントリーブーツは特にダブルソール仕様ですからね。

普段スニーカーばっかりの、革靴に慣れていない方が履いたら

重さ、曲がらなさにびっくりするんじゃないでしょうか

 

 

靴が曲がらないと・・・

歩き方にもよるのですが、ついついつま先が引っかかる様に歩行しがち

気付いたときには

 

 

大事な大事なトリッカーズのブーツのつま先だけ極端に削れてしまっているけど何でだろう??

ってなったりします。

 

 

トリッカーズの分厚いダブルソールの靴底はちょっとやそっとで

ダメになったりはしませんが

このまま補修せずに履いていると、将来やってくる修理の時の費用が高くついてしまいますよ

 

 

そんな事になる前に、補強しておきませんか??

 

ってのがトゥスチールの考え方です。

 

 

革の底と鉄のパーツのコンビネーションが、靴底をカッコよく演出してくれるという副作用もあります(笑)

 

 

こんな風にトゥスチール加工してますよっていう

作業ムービーはこちら

1分程度のショートムービーなのでぜひご覧ください

当店のインスタYoutubeチャンネルでもご覧いただけます

 

 

もし良かったら

インスタグラムのフォロー

YouTubeチャンネルのチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

 

 

 

作業のポイントとしては

いかに美しく仕上げるか・・・

 

というのもこのトゥスチールの鉄パーツ

実は真っ平らの部品ではなく、靴底の湾曲カーブの様に中央が盛り上がって

湾曲した形状になっています。

 

 

 

この部品は

動画の中の様に溝を作ってあげて

埋め込む様に取り付けるのが常なのですが

 

 

湾曲しているため、うまく形状に合わせて溝を作らないと

鉄のパーツの部分だけポッコリと飛び出てしまいます。

 

動画の様に、刃物で溝を切り出し、ヤスリで調整して

上手にピタリとツライチになるまで調整します

 

 

隙間なくスチールの湾曲と、ピタリと合わさる溝を削り出すことによって、革の底と鉄のパーツのコンビネーションによる美しい靴底を演出できるだけでなく、歩行途中で何らかの拍子に外れにくくもあります。

 

 

 

シルバーのVintage Toe Steelだけでなく

真鍮ゴールドのTriumph Toe Steelもご用意しております

 

 

 

こちらがトゥスチール取り付け後の画像になります

 

 

 

これで足に馴染むまでガンガン履き込む準備ができましたね。

たまには保湿クリームを使った靴磨きをしてあげると、見栄えだけでなく

革も足馴染みが良くなってくれると思います。

 

今回の修理費用

Vintage Steel Toe加工 ¥3,500 + TAX

 

杉浦

 

 

当店ではジョンロブやエドワードグリーン

パラブーツやクロケット&ジョーンズなどの

本格紳士靴の修理・ソール交換、靴磨きが可能です

EDWARD GREEN HALIFAX

2018.01.15

EDWARD GREENの修理

2018.01.14

JOHN LOBB スチールトゥ

2018.01.13

 

 

 


遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も宅配で承ります


作業風景や修理事例などをブログの他にも インスタグラム で掲載しています。 良かったらいいね&フォローお願いいたします!


愛知県・静岡県でジョンロブ・エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズやパラブーツなどの本格紳士靴のソール交換・修理なら

靴修理RADIANラジアン

440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1

TEL : 0532-52-2868

MAIL : info@radian-mail.com