靴ができるまで vol.1

タイトルの通りこれから数回に渡って、靴ができるまでの工程を紹介したいと思います。

細かいところまで入れてしまうと、かなり長くなってしまうので、簡易的に靴作りの流れを見ていただけたらと思います。


こちらは靴型(木型)と呼ばれる、靴の形をつくる土台となる型です。

この靴型に、これから作りたい靴のデザインを描いていきます。


デザインが描けたら、この靴型から型紙を作っていきます。

型紙は靴の設計図のようなものです。


今回はこのような一枚革を使い、キズや汚れを避けながら、革の伸びる方向に注意して、型紙を配置していきます。

次回はそれぞれのパーツを切り出し、繋げ合わせることで平面から立体になっていきます。

立体になると一気に靴に見えてくるので、楽しみです。


辻岡

遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も宅配で承ります


 


 

愛知県・静岡県でRedWingレッドウィングやチペワ・ウエスコなどのUSワークブーツのソール交換・修理なら

靴修理RADIANラジアン

440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1

TEL : 0532-52-2868