靴ができるまで vol.2



前回は、革に靴の型紙を書き出すところまでご紹介しました。

次は、その革を裁断していきます。


甲革(アッパー)と、裏革(ライニング)それぞれ慎重に切り出していきます。


切り出したら、次は革を漉き機という機械を使って適切な厚みに薄く漉いていきます。


靴の完成形を想像しながら、革と革の貼り合わせ部分や、トップラインを漉いていきます。


次回はミシンでそれぞれのパーツを縫い合わせていきます。少しのズレで靴の表情が変わってしまうので、特に緊張する作業です。。。



辻岡

遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も宅配で承ります



愛知県・静岡県でRedWingレッドウィングやチペワ・ウエスコなどのUSワークブーツのソール交換・修理なら

靴修理RADIANラジアン

440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1

TEL : 0532-52-2868