スニーカーのソールにゴムで裏張り補強して長持ちさせるTips



今回はスニーカーの修理事例ではなく

新しく買ったスニーカーをより長持ちさせる方法のご紹介です。




お気に入りのスニーカーも毎日毎日履いていると、当然ながら消耗していきますよね。消耗する箇所はスニーカーの種類によって変わる事があるものの、靴である以上共通して消耗する箇所は、やっぱり靴底部分のソールです。



特にかかとの部分は1番擦り減りやすい部分となります。

お気に入りであればあるほど、よく履いてしまうので当然消耗も激しくなります。





そんなわけで今回は

スニーカーの靴底ソールにゴムを貼って補強してみませんか?と言うご紹介です




ちなみに新品でも履き込んだ状態でも補強の加工は可能ですが、新品の時の方がやはり仕上がりが断然キレイになるし、かかとが擦り減った履き込んだ状態だと

スニーカーは革靴やワークブーツなどと違い、メーカーさんも修理して長く履く事を前提に製造していないので、なかなかどうして修理しづらい構造になっているものが多いです。


見栄えを重視しなくても良いのだったら、あの手この手で修理する方法はあったりするのですが、やはり修理跡が目立ってしまいます。

すり減った靴底の追加補修の費用が発生する場合があります!と言う違いがあります。




なのでスニーカーのソール補強を行うなら、新品での状態の時が1番のオススメとなります。





では実際に補強加工の事例を紹介いたします

サンプルとなるのは、adidasの定番スニーカー・スーパースター

モチロンまだ外で履かれていない新品の状態です




こちらのadidasのスニーカーの靴底に

今回はこんな感じのラバーを貼ります



Vibram342 MINI RIPPLE

5-6mm程度のラバー製。ミニリップルソールと言う名前からもわかるように、サメの歯のような形状をしたシャークソール!の歯形の部分がちょっと抑えめになったソールになります。


通常、革靴の裏張りハーフソールなどに使うシートは、補強してあるシートの存在を目立たせたくないので1.8〜2.0ミリ程度のシートを使いますが





今回は補強優先!なので


4-6mm程度の範囲で、スニーカーにも似合いそうなソールを使って補強します。


ちなみにこれ以上厚くなると、剥がれやすいだろうし歩きにくくなるかと思います。モチロン、ある程度減りが早くても、なるべく目立たない方がいい!!って方は2mm程度のシートを貼らせて頂きます。









カラーは3色展開






横からみるとこんな感じ

サメの歯のようなギザギザが特徴。




Vibram342を取り付けた後はこんな感じの姿になります





ちなみに



他にはどんなソールの種類はあるの?って方へ

こんな感じのソールもあります。




まずはスパイクソール


スポーツシューズのソフトスパイクのようなパターンが特徴となります。普段履きしてもモチロン大丈夫なんですが・・・スニーカーを簡単にゴルフシューズへカスタムので


このソールをご指定いただく方は、ゴルフやっている方が多いですね。



今までにもナイキのエアジョーダンの靴底にこちらのソールを貼って、ゴルフシューズとして使いたいなんて方が何名かいらっしゃいましたよ




お次は



Vibram7120となります。このソールの素材はVibram XS CITY配合と言う素材で作られており、日常生活でのマンホールの上や大理石の路面など、滑りやすい路面でのグリップ力を発揮する素材で作られているソールとなります。





スニーカーのソールを補強して長持ちさせよう!って記事いかがでしたでしょうか?


気になる加工価格ですが

見た目も重要だけど補強もしっかりしたい
4-6mm程度のVibramソールの場合の予算目安

¥8,000 ~ ¥10,000程度が目安



見た目を優先したいからなるべく目立たない
2mm程度のVibramソールシートの場合

¥6,000程度が目安



場合によってはスニーカー本体の価格と同じくらいになってしまいますが、その分長持ちできるので1年以上の期間で考えれば悪くない選択肢ではないでしょうか?




加工できるタイプのスニーカーとしては
今回紹介したadidasアディダスのスーパースターのような、靴底の底面がフラットになっているタイプが対象となります。


アディダス だと他にはスタンスミス、コンバースだとオールスターやチャックテイラー、ワンスター 、VANSのスニーカー全般、ナイキだとエアフォース1やエアジョーダン1あたりですね




加工期間については、1-2週程度あたりのお預かりになる場合が多いかと思いますが、工房の混み具合によりお預かり期間が変わりますのでご注意ください



それでは今回はスニーカーの靴底ソール部分をゴムで補強して長持ちさせる方法という記事を書いてみました!


自分のスニーカーもやって欲しい!とかこんな事はできるの??

っていう場合は名古屋大須と豊橋の店舗へ予約不要でお越しいただくか




電話やLINE、メールなどでお気軽にお問い合わせいただければお答えいたしますね〜!!



それではまたブログ見てくださいね!

遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も承ります



愛知県名古屋市や豊橋市・静岡県でレッドウィングのソール交換・修理なら

靴修理RADIANラジアン

豊橋本店
440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1
TEL : 0532-52-2868
MAIL : info@radian-mail.com

名古屋市大須店
460-0011 愛知県名古屋市中区大須1丁目16-33 1F
TEL 052-253-5688
MAIL : info@radian-mail.com

RADIANへのお問合せ電話はコチラ