コンバースの靴底があまりに貧弱なので補強してみた

先日このブログでも紹介した

私物のコンバース


サイド部分にジップを追加して脱ぎ履きがめっちゃ楽になったので、気に入ってここ4〜5日くらいスニーカーを休ませず毎日履いていました。

私物のCONVERSEオールスター・チャックテイラーにサイドジップカスタムしたらめちゃくちゃいい感じ





そしたらですねえ・・・


案の定
分かってはいたものの


やはりソールの消耗が早い!!




こんな感じにかかとが削れ始めてきちゃっていました!!!

毎日履いているといっても、営業さんのように歩き回る仕事じゃないんですけどね・・・





削れているのはまだほんの少しなので、まあそんなに大袈裟に言うほどでもないんですが


コンバースの場合、ロゴ入りのヒールパッチが踵と一緒に削れてきてしまうから悲しい・・・




そんな時は

今回のように靴底のソール部分に、少し厚めのゴム製シートを貼って補強します。



こんな風な見た目になります



ちなみに今回補強に使ったラバーシートはVibram7170というビブラム製のシート

ウェーブ形状のラバーが滑りやすい路面でもしっかりグリップしてくれます。案外柔らかいのでクッション性もそこそこあります。

4mm厚

カラー展開は黒・白・クリーム・赤・ベージュなんかがあります。






他の種類の補強シートは?なんて方はコチラの記事も参照してみてくださいね

スニーカーのソールにゴムで裏張り補強して長持ちさせるTips








ちなみにこの補強シートを貼るタイミングはいつ???なんですが


履き込んだ状態からでももちろん可能なんですが



断然新品の時に補強の加工をするのがオススメです




なぜかって?



それは・・・

次の写真をご覧ください

一見キレイに補強シートを貼れているように見えますが・・・



ちょっと履いただけでも、踵が削れてしまって

土台となる靴底がぐずついちゃっているのわかります?



新品のころから補強シートを貼っていればピンっとキレイに補強シートを貼れて、より良い状態で靴底の保護ができたという感じですね



今回のようなスニーカーへのソール補強は、靴底の種類や形状により費用がピンキリですがおおよそ6000~1万円ぐらいな感じとなります。


この記事と同様のソールシートとコンバースオールスター・チャックテイラーへの補強の場合は、¥6000と消費税となります。





スニーカーを長持ちさせるソール補強のお問合せ・ご相談お待ちしております!!



遠方にお住まいで当店に来店できない方の靴磨き・靴修理も承ります


 


 

愛知県名古屋市や豊橋市・静岡県でレッドウィングのソール交換・修理なら

靴修理RADIANラジアン

豊橋豊川・浜松の靴修理靴磨きなら RADIAN豊橋本店
440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1
TEL : 0532-52-2868
MAIL : info@radian-mail.com

名古屋の靴修理・靴磨きなら RADIAN名古屋大須店
460-0011 愛知県名古屋市中区大須1丁目16-33 1F
TEL 052-253-5688
MAIL : info@radian-mail.com

 

RADIANへのお問合せ電話はコチラ