CONVERSE CT70チャックテイラー ビブラムソールで削れ防止補強する


愛知県名古屋市の中区大須と豊橋の靴修理RADIANです

今回のブログ記事では、老若男女問わず愛されず名品コンバースのCT70チャックテイラーのソール裏張り補強をご紹介いたします



ちなみに
今回紹介するスニーカーのソール裏張り補強は、CONVERSEワンスターやコンバースオールスター、VANSのスニーカーなどでも多くご依頼いただいております



それでは
スニーカーの靴底削れ防止のビブラムソール裏張り補強とは
どんなものなのか写真をご覧ください



黒くて認識しづらいかもしれませんが・・・

うっすらと靴底に黒いソールが貼り付けてあるのが分かりますでしょうか?

Vibram社の342という品番のビブラムソールが貼り付けてあります
一番厚い部分で6mm厚のビブラムソール



スニーカー製造現場でも使う様な、超強力な接着剤にて圧着してあります

履き込んですり減ってきたり、わざと思いっきり貼り付けたソールをひっかける様な事をしない限りはなかなか剥がれてこないかと思います





やっぱりCT70チャックテイラーのヒール部分のパッチはカッコいいですよね

スニーカーのソールの裏張り補強しないで履いていると、このパッチの部分があっという間に削れてなくなってしまうんですよね・・・



写真でもわかる様に、ビブラムソールでスニーカーのソール裏張り補強した事によって、地面からヒールのCT70チャックテイラーのパッチまでの距離が遠くなり、より長い期間綺麗な状態で残っていてくれますね!




これまでコンバースCT70チャックテイラーの
削れ防止のソール補強といえば

自宅でもできるシューグーのクリアを塗りつけるなんて
方法もネットなんかで紹介されていますが・・・


シューグーってプロがやっても綺麗に仕上げられないぐらい
扱いが難しいので

大体シューグーしている人の仕上がりの
見た目が汚いのですよね・・・
なんかガムでも踏ん付けたみたいな

それにあんまり丈夫じゃないし



やはり大事なコンバースCT70チャックテイラーの
スニーカーソール裏張り補強は
靴修理屋さんにやってもらいたいですね


靴修理の依頼方法の手順解説しています


修理費用や納期など靴修理に関する
ご不明店や相談など

メールやLINEなどで受け付けております
お気軽にお問合せください


近隣の浜松市や湖西市のみならず、磐田市や岡崎市などなど靴修理に関するお困りごとありましたら豊橋の靴修理店RADIANへお任せください

宅配での修理にも対応しております


お問合せ

RADIAN豊橋
440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1
電話 : 0532-52-2868
info@radian-mail.com

月曜日定休
営業時間 10:00 – 18:00


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次