レッドウィングベックマンのソール交換・ソールバリエーション。選べるソールの種類




こんにちは、愛知県名古屋大須と豊橋のブーツリペアショップRADIANです


今回はRedwingレッドウィング・ベックマンの紹介です。




レッドウィング・ベックマンと言えば、レッドウィングのブーツの中でも、アイリッシュセッターやエンジニアブーツ・ペコスブーツに並び、すごく人気のあるモデルですね。




当店にソール交換などの修理にやってくる機会も、めちゃ多い!

この「ベックマン」は、レッドウィングの創業者チャールズ・ベックマンの時代に、Red Wing社が作っていた靴から、ヒントを得て開発されたブーツだそうです。






今やレッドウィングファンにもお馴染みとなった、「フェザーストーン」レザーを使用して、抜群の耐久性と、独特の艶を持つ美しさを兼ね備えたレザーを使用して作られています。

履き込むことで、美しいエイジングを楽しむことが出来るのも魅力ですね。


スニーカーに慣れた人には、最初硬い履き心地に感じたり、履きなれるまでには時間はかかりますが、履きなれると手放せない1足になることは間違いありません。




そんなベックマンの靴を、通常のソール交換はもちろんの事、どのようなソールカスタムができるかまとめてみました。

目次

ベックマンのソール交換の前に

どうなってしまったらソール交換?

ベックマンは、他のレッドウィングのブーツ同じように、リペア可能なグッドイヤーウェルト製法で作られており、ソールが何度も交換可能になります。


オリジナルの雰囲気を生かしたスタンダードなソールから、ガラッと雰囲気を変えるカスタムまで、made in USAのワークブーツにはお馴染みの、ビブラムソールなどでソール交換が可能です。

ソールの交換のタイミングは、かかとのゴムなどが新品の頃より、半分以上減ってきたら、そろそろかかとのゴム交換やソール交換のタイミングが近いなあっと思っていただければ大丈夫だと思います。





あとは、レッドウィングのブーツの中でも、ベックマンはある症状が出やすいモデルなので注意が必要な点があります。

ソールの前半分が劣化している、レッドウィングベックマンを見たことがありますか?
写真のようになっていたら、ソール交換をしないといけません。







加水分解という症状ですね。こうなってしまったらソールの山がまだ十分残っていようが、ボロボロと崩れていくだけなので、ソール交換など修理するしかありません。

※現在発売中のモデルは、加水分解しにくい素材が使用されているそうです。


どんな風にベックマンの修理しているの?

RADIANでは、お客様からお預かりする大事な靴・ブーツの作業風景を、安心してお任せいただけるよう、Youtubeで動画配信行なっています。
ベックマンもこんな感じに修理してますよ






もし良かったらチャンネル登録お願いいたします!!



オリジナル仕様でのソール交換

レザーソールに、タンクソールタイプのハーフラバーソールがついた、ベックマンオリジナルに近い仕様となります。

ベックマンオリジナルの雰囲気が気に入ってる・履き心地を変えたくない方にオススメ!

ソールの交換修理を頼む時は、『ベックマンオリジナルに近い形で』とか、『同じような感じで』と、注文いただければOKです。



当店で、ベックマンオリジナル仕様に使っているソールは、ビブラム2333という種類のソールを使っています。アメリカのワークブーツにも多く採用されている、実績あるビブラムソールとなります



では実際にソール交換した、レッドウィング・ベックマンはこんな感じの仕上がりになります。

加水分解していたベックマンを元と似たようなソールにソール交換




次に紹介するのが、Vibram705というソールになります。

先ほど紹介したソールと、前側のハーフラバー部分のみ変更になっています。




装着イメージはこんな感じになりますね

加水分解していたベックマンをvibram705にソール交換
加水分解していたベックマンをvibram705にソール交換
加水分解していたベックマンをvibram705にソール交換



Vibram705と似たような感じで、Vibram435というソールもあります。




Vibram705の7mmより、1mm薄い6mmのソールとなります。

たかが1mm、されど1mm

この1mmのおかげでVibram705より、シャープな横顔に仕上がります。あんまりゴテゴテした感じが好きじゃない方に、オススメですね


加水分解していたベックマンをvibram435にソール交換
加水分解していたベックマンをvibram435にソール交換



先ほどまでは、ベックマンオリジナルの雰囲気をなるべくキープしたまま、カスタムするソールの種類をご紹介しましたが、ガラッと雰囲気を変えたい方にオススメなのが、こちらのVibram100ソール



13mm厚もあると履きずらいんじゃない?っと敬遠される方もいらっしゃいますが、実は曲がりもよく、案外履き心地のよいVibram100ソール。

レッドウィング・ベックマンではないですが、Vibram100の装着イメージをご覧ください

vibram100のハニー・ブラックにソール交換したときの比較
レッドウイングをvibram100のブラックにソール交換



Vibram430・Vibram700ソールは両方ともワークブーツには相性良く、根強い人気があります


レッドウイングにvibram430にソール交換



Vibram700ソールは黒以外にも、こんな色のソールもご用意できます





最後にご紹介するのがレザーソール仕様です。

ワークブーツは機能面から、ソールにラバーかEVAを使ったものが多いですが、クラシックな雰囲気・ヴィンテージ感を醸し出す、レザーソールもオススメです。




履き心地やシャープな見た目重視ならシングルレザーソール仕様、厚くて重厚感のある見た目にしたいならダブルレザーソール仕様って感じで選んでいただければ良いと思います。




下の画像は、以前当店で修理させていただいた、1930年代?40年代?のヴィンテージブーツ。シングルレザーソールにてソール交換させていただきました。




レザーソールにするなら、こんなオプション選択も出来ます。
つま先補強のスチールトゥ。

削れやすい、つま先の補強のための金具ですが、底面がぐっと引き締まり、見た目がかっこ良くなるという副作用もあります。






レザーソールは滑りやすいから・・・
っときになる方には、滑り止め・摩耗防止のハーフラバーも取り付け可能です。スチールトゥとのセットでも可能です。






他にも選べるソールは沢山ありますが、代表的なソールをご紹介しました。

今回は、ソール交換について特集した記事になりましたが

脱ぎ履きするのが便利なように、サイドにジッパーを取り付けたり、先芯を取り外して、ベックマンフラットボックスカスタムしたりと

お客様のご要望に応じて、色々なカスタム・修理を行っております。






レッドウィングベックマンの修理・カスタムでお困りの際は、是非名古屋と豊橋の靴修理RADIANラジアンにご相談・おまかせください。



当店は愛知県名古屋市と豊橋市にあります。お近くにお住いの方は、是非当店にいらして、レッドウィングベックマンの修理・ソール交換についてご相談ください。


靴修理の依頼方法の手順解説しています


修理費用や納期など靴修理に関するご不明点や修理に関する相談など

メールやLINEなどで受け付けております。お気軽にお問合せください

近隣の浜松市や湖西市のみならず、磐田市や岡崎市などなど。靴修理に関するお困りごとありましたら豊橋の靴修理店RADIANへお任せください

宅配での修理にも対応しております


お問合せ

ブーツの修理店 RADIAN豊橋
440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1
電話 : 0532-52-2868
info@radian-mail.com

月曜日定休
営業時間 10:00 – 18:00


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次