「converseコンバース・アディクト愛好家必見!ビブラムソールでスニーカーの靴底ソール補強しよう」




今回は、コンバース・アディクトについてご紹介します。

このコンバース・アディクトは、オリジナルのビブラムソールが特徴で、靴底に黄色のビブラムマークが付いています。


新品のコンバース・アディクトのソール
新品のコンバース・アディクトの靴底


普通のコンバースと違い、コンバース・アディクトはとことんこだわって作られているんですよ。



え?どこが??なんて思った方もいるのかも知れませんね。



実は、純正オリジナルのソールがもうビブラムソールなのです!

じゃあ、なぜわざわざビブラムソールを使ってる靴底に、ビブラムのソール補強をするのか疑問に思われる方もいるかもしれません。それは、コンバースの製法に秘密があるんです。







そんな、コンバースのスニーカーは、バルカナイズ製法(ヴァルカナイズとも言う)で作られており、スニーカーのアッパーの周りを白いゴム製テープで巻かれています。


コンバース・アディクトをビブラムでソール補強する前
ビブラムのソール補強をする前


この白いテープの上に、あの印象的なチャックテイラーの星ラベルが貼られているのです。

靴底ソールの真ん中にあるビブラムのソールは丈夫かもしれないけど、ヒールに近い位置にラベルが付いているので、ちょっと踵の部分が削れ始めてくると、あっという間にヒールの星のチャックテイラーのラベルまで到達してしまう構造になっています。

それもありますが、コンバーススニーカーは今やカジュアルな装いには欠かせないアイテムの一つとなっています。



最近では値段も上がってきています。だからこそ、今ある1足をより長く、大切に履いていくということが大切なんです。

ビブラムのソールでソール補強した後
ビブラムのソール補強のシートで補強した後


ビブラムソールでヒールパッチが保護された後
ビブラムソールをつけた後



ビブラムソールでソール補強をすることで、あなたのコンバース・アディクトをより長く履くことができますよ。



コンバースのCT70やアディクトなどのスニーカー
ソール補強のご依頼は

名古屋か豊橋のRADIANへ
ご来店いただくか
宅配での修理も受け付けております


靴修理の依頼方法の手順解説しています


修理費用や納期など靴修理に関する
ご不明店や相談など

メールやLINEなどで受け付けております
お気軽にお問合せください


近隣の浜松市や湖西市のみならず、磐田市や岡崎市などなど靴修理に関するお困りごとありましたら豊橋の靴修理店RADIANへお任せください

宅配での修理にも対応しております


お問合せ

RADIAN豊橋
440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1
電話 : 0532-52-2868
info@radian-mail.com

月曜日定休
営業時間 10:00 – 18:00


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次