TANINO CRISCI スポンジソールからレザーソールに靴底交換

ご覧いただきありがとうございます。

名古屋大須の靴修理店

靴修理ラジアンの梅崎です。

 

今回はイタリアのシューズブランド・TANINO CRISCI(タニノ・クリスチー)のソール交換をご依頼いただきました。

まずは修理前の状態をご覧ください。

ソールのかかと部分が減り、滑り止めの模様も全体的に薄くなっていますね。

この状態でも履き続けることはできますが、グリップ力が低下して滑りやすくなったり、場合によっては他の部分にダメージが入ってしまうことがあります。

特にソールが薄い靴の靴底交換をご検討の場合には、このくらいが交換タイミングの目安のひとつになるかと思います。

 

今回のソール交換では、オリジナルに近いゴムやスポンジ系のソールではなく、クラシックなレザーソールをお選びいただきました。

それでは、交換後の画像をご覧ください!

オリジナルと同じくマッケイ製法でソール交換をしました。

レザーソールは硬くて屈曲性が悪い印象をお持ちの方も多いと思いますが、マッケイ製法で作られた靴は比較的屈曲性が良いのが特徴です。

 

4月も半ばに入り、これからどんどん暖かくなる季節。

外に出る機会も増えてくると思うので、たくさん履いてもらえると嬉しいです!

ご依頼いただき、ありがとうございました。

 

靴修理ラジアン名古屋店 梅崎


靴修理の依頼方法の手順解説しています


修理費用や納期など靴修理に関する
ご不明店や相談など

メールやLINEなどで受け付けております
お気軽にお問合せください


近隣の浜松市や湖西市のみならず、磐田市や岡崎市などなど靴修理に関するお困りごとありましたら豊橋の靴修理店RADIANへお任せください

宅配での修理にも対応しております


お問合せ

RADIAN豊橋
440-0893 愛知県豊橋市札木町106-1
電話 : 0532-52-2868
info@radian-mail.com

月曜日定休
営業時間 10:00 – 18:00


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次